空き家とは、人が住んでいないことが常態化し(概ね1年以上)している家の事を言います。

  • 物置として使っているから
  • 帰省の時など年に何度か使用している
  • 一時的に空いているだけで家族が戻って住む予定

実は、こういった家が「空き家の予備軍」です。

空き家の問題点

 

リスク1 建物の劣化が早くなります

空き家管理で、最も多いのが「近隣へ迷惑を掛けたくない」というご意見です。

無管理だと、植木や雑草の繁茂、隣地や道路へのはみ出しはもちろん、落下事故や倒壊事故など地域に悪影響が生じてしまいます。

リスク2 防災面・防犯面のリスクが上がります

 

 

リスク3 こんなリスクもあります
  1. 維持管理費・回収コストが増加し、売る・貸す・再利用が困難になります
  2. 法律に基づく指導等の対象となります
  3. 空き家に起因する事故や災害が起きた際、損害賠償を請求される場合があります
  4. 固定資産税等の税負担が増加する可能性があります

 

あなたも空き家の所有者になる可能性が十分にあります

空き家問題はもはや他人事ではありません。

空き家が発生するよくあるタイミングは

両親の老人ホーム入所

 

介護などのために両親と同居

 

両親の他界による相続

 

転勤による引越

 

ライフステージ変化による住み替え

 

空き家になってしまったら適正に管理しましょう

①近所への声掛け

管理する方はご近所と連絡先を好感しておくことが望ましいです。

②火災保険の確認

空き家は、火災や風災、盗難に対するリスクが高くなります。

今は誰も住んでいないけど、いつか売却したい、賃貸に出したい、とお考えの方は、火災保険に加え、水災、盗難、水漏れなどに対応しているか見直してみるとよいでしょう。

 

弊社も空き家管理サービスをお受けしておりますので、疑問等ございましたら遠慮なくお問い合わせください。